The Graphについて

Reading time: 7 min

このページでは、「The Graph」とは何か、どのようにして始めるのかを説明します。

とは「ザ・グラフ」

このセクションへのリンク

グラフは、ブロックチェーン データのインデックス作成とクエリを行うための分散型プロトコルです。

Uniswapのような複雑なスマートコントラクトを持つプロジェクトや、Bored Ape Yacht Club のような NFT の取り組みでは、Ethereum のブロックチェーンにデータを保存しているため、基本的なデータ以外をブロックチェーンから直接読み取ることは実に困難です。

Bored Ape Yacht Club の場合、ある Ape の所有者を取得したり、ID に基づいて Ape のコンテンツ URI を取得したり、総供給量を取得したりといった基本的な読み取り操作は、 スマートコントラクト に直接プログラムされているので実行できますが、集約、検索、連携、フィルタリングなど、より高度な実世界のクエリや操作はできません。 例えば、あるアドレスが所有している NFT をクエリし、その特徴の 1 つでフィルタリングしたいと思っても、コントラクト自体と直接やりとりしてその情報を得ることはできません。

このデータを得るためには、これまでに発行されたすべての 転送 イベントを処理し、トークン ID と IPFS ハッシュを使って IPFS からメタデータを読み取り、それを集約する必要があります。 このような比較的簡単な質問であっても、ブラウザ上で動作する分散型アプリケーション(dapp)が回答を得るには数時間から数日かかるでしょう。

独自のサーバーを構築し、そこでトランザクションを処理してデータベースに保存し、その上に API エンドポイントを構築してデータをクエリすることもできます。ただし、このオプションはリソース集約的であり、メンテナンスが必要であり、単一障害点が存在し、分散化に必要な重要なセキュリティ プロパティが壊れます。

ブロックチェーンデータのインデックス作成は非常に困難です。

フィナリティ、チェーンの再編成、アンクルドブロックなどのブロックチェーンの特性は、このプロセスをさらに複雑にし、ブロックチェーンデータから正しいクエリ結果を取り出すことは、時間がかかるだけでなく、概念的にも困難です。

The Graph は、ブロックチェーンデータにインデックスを付けて、パフォーマンスの高い効率的なクエリを可能にする分散型プロトコルでこれを解決します。 そして、これらの API(インデックス化された「サブグラフ」)は、標準的な GraphQL API でクエリを行うことができます。 現在、同じ機能を持つホストテッドサービスと、分散型のプロトコルがあります。 どちらも、オープンソースで実装されている Graph Node.によって支えられています。

The Graph の仕組み

このセクションへのリンク

The Graph は、サブグラフマニフェストと呼ばれるサブグラフ記述に基づいて、Ethereum のデータに何をどのようにインデックスするかを学習します。 サブグラフマニフェストは、そのサブグラフで注目すべきスマートコントラクト、注目すべきコントラクト内のイベント、イベントデータと The Graph がデータベースに格納するデータとのマッピング方法などを定義します。

サブグラフのマニフェストを書いたら、グラフの CLI を使ってその定義を IPFS に保存し、インデクサーにそのサブグラフのデータのインデックス作成を開始するように指示します。

この図では、サブグラフ・マニフェストがデプロイされた後のデータの流れについて、Ethereum のトランザクションを扱って詳しく説明しています。

グラフがグラフ ノードを使用してデータ コンシューマーにクエリを提供する方法を説明する図

フローは以下のステップに従います。

  1. Dapp は、スマート コントラクトのトランザクションを通じて Ethereum にデータを追加します。
  2. スマートコントラクトは、トランザクションの処理中に 1 つまたは複数のイベントを発行します。
  3. Graph Node は、Ethereum の新しいブロックと、それに含まれる自分のサブグラフのデータを継続的にスキャンします。
  4. Graph Node は、これらのブロックの中からあなたのサブグラフの Ethereum イベントを見つけ出し、あなたが提供したマッピングハンドラーを実行します。 マッピングとは、イーサリアムのイベントに対応して Graph Node が保存するデータエンティティを作成または更新する WASM モジュールのことです。
  5. Dapp は、ノードの GraphQL エンドポイント を使用して、ブロックチェーンからインデックス付けされたデータをグラフ ノードに照会します。グラフ ノードは、ストアのインデックス作成機能を利用して、このデータを取得するために、GraphQL クエリを基盤となるデータ ストアのクエリに変換します。 dapp は、このデータをエンドユーザー向けの豊富な UI に表示し、エンドユーザーはそれを使用して Ethereum で新しいトランザクションを発行します。サイクルが繰り返されます。

次のセクションでは、サブグラフを定義する方法、サブグラフをデプロイする方法、Graph Node が構築したインデックスからデータをクエリする方法について、さらに詳しく説明します。

独自のサブグラフを書き始める前に、グラフエクスプローラを見て、既にデプロイされているサブグラフをいくつか見てみるといいでしょう。 各サブグラフのページには、そのサブグラフのデータを GraphQL でクエリするためのプレイグラウンドが用意されています。

ページを編集

始めましょう
概要
ページを編集