グラフネットワーク > キュレーティング

キュレーティング

Reading time: 18 min

キュレーターは、グラフの分散型経済にとって重要な存在です。 キューレーターは、web3 のエコシステムに関する知識を用いて、グラフネットワークがインデックスを付けるべきサブグラフを評価し、シグナルを送ります。 キュレーターはエクスプローラーを通じてネットワークのデータを見て、シグナルを出す判断をすることができます。グラフネットワークは、良質なサブグラフにシグナルを送ったキュレーターに、サブグラフが生み出すクエリフィーのシェアを与えます。 キュレーターには、早期にシグナルを送るという経済的なインセンティブが働きます。 キュレーターからのシグナルはインデクサーにとって非常に重要で、インデクサーはシグナルを受けたサブグラフからデータを処理したり、インデックスを作成したりすることができます。

シグナリングの際、キュレーターはサブグラフの特定のバージョンでシグナリングするか、自動移行を使用してシグナリングするかを決定できます。自動移行を使用して通知する場合、キュレーターの共有は常に開発者によって公開された最新バージョンに移行されます。代わりに特定のバージョンでシグナルを送信することにした場合、共有は常にこの特定のバージョンに留まります。

キュレーションはリスクを伴うことを忘れないでください。 そして、信頼できるサブグラフでキュレーションを行うよう、十分に注意してください。 サブグラフの作成はパーミッションレスであり、人々はサブグラフを作成し、好きな名前をつけることができます。 キュレーションのリスクについての詳しいガイダンスは、 The Graph Academy's Curation Guide. をご覧ください。

ボンディングカーブ 101

このセクションへのリンク

まず、一歩後退します。各サブグラフには結合曲線があり、ユーザーが曲線にシグナルを追加すると、キュレーション シェアが作成されます。各サブグラフの結合曲線は一意です。結合曲線は、サブグラフのキュレーション シェアを作成する価格が、作成されたシェアの数に比例して増加するように設計されています。

シェアあたりの価格

その結果、価格は直線的に上昇し、時間の経過とともにシェアの購入価格が高くなることを意味しています。 下のボンディングカーブを見て、その例を示します:

ボンディングカーブ

あるサブグラフのシェアを作成する 2 人のキュレーターがいるとします。

  • キュレーター A は、サブグラフに最初にシグナルを送ります。 120,000GRT をボンディングカーブに加えることで、2000 もシェアをミントすることができます。
  • キュレーター B のシグナルは、後のある時点でサブグラフに表示されます。 キュレーター A と同じ量のシェアを受け取るためには、360,000GRT を曲線に加える必要があります。
  • 両方のキュレーターがキュレーションシェアの合計の半分を保有しているので、彼らは同額のキュレーターロイヤルティを受け取ることになります。
  • もし、キュレーターの誰かが 2000 のキュレーションシェアをバーンした場合、360,000GRT を受け取ることになります。
  • 残りのキュレーターは、そのサブグラフのキュレーター・ロイヤリティーをすべて受け取ることになります。 もし彼らが自分のシェアをバーンして GRT を引き出す場合、彼らは 120,000GRT を受け取ることになります。
  • TLDR: キュレーションシェアの GRT 評価はボンディングカーブによって決まるため、変動しやすいという傾向があります。 また、大きな損失を被る可能性があります。 早期にシグナリングするということは、1 つのシェアに対してより少ない GRT を投入することを意味します。 ひいては、同じサブグラフの後続のキュレーターよりも、GRT あたりのキュレーター・ロイヤリティーを多く得られることになります。

一般に、結合曲線は、トークンの供給と資産価格の関係を定義する数学的曲線です。サブグラフ キュレーションの特定のケースでは、各サブグラフ シェアの価格は投資されたトークンごとに上昇し各シェアの価格は低下しますトークンが販売されるたびに。

The Graph の場合は、 Bancor が実装しているボンディングカーブ式 を活用しています。

シグナルの出し方

このセクションへのリンク

結合曲線がどのように機能するかについての基本を説明したので、これがサブグラフでシグナルを送信する方法です。グラフ エクスプローラーの [キュレーター] タブ内で、キュレーターは、ネットワーク統計に基づいて特定のサブグラフでシグナルを送信したり、シグナルを解除したりできます。 Explorer でこれを行う方法の段階的な概要については、ここをクリックしてください。

キュレーターは、特定のサブグラフのバージョンでシグナルを出すことも、そのサブグラフの最新のプロダクションビルドに自動的にシグナルを移行させることも可能ですます。 どちらも有効な戦略であり、それぞれに長所と短所があります。

特定のバージョンでのシグナリングは、1 つのサブグラフを複数の dapps が使用する場合に特に有効です。 ある DAP は、サブグラフを定期的に新機能で更新する必要があるかもしれません。 別のアプリは、古くても、よくテストされたサブグラフのバージョンを使用することを好むかもしれません。 初回キュレーション時には、1%の標準税が発生します。

シグナルを最新のプロダクションビルドに自動的に移行させることは、クエリー料金の発生を確実にするために有効です。 キュレーションを行うたびに、1%のキュレーション税が発生します。 また、移行ごとに 0.5%のキュレーション税を支払うことになります。 つまり、サブグラフの開発者が、頻繁に新バージョンを公開することは推奨されません。 自動移行された全てのキュレーションシェアに対して、0.5%のキュレーション税を支払わなければならないからです。

注:特定のサブグラフにシグナルを送る最初のアドレスは、最初のキュレーターとみなされ、後続のキュレーターよりもはるかに多くのガスを消費する仕事をしなければなりません。 最初のキュレーターは、キュレーションシェアのトークンを初期化し、ボンディングカーブを初期化し、トークンをグラフのプロキシに転送するからです。

グラフネットワークにとってのシグナリングとは?

このセクションへのリンク

最終的な消費者がサブグラフをクエリできるようにするためには、まずサブグラフにインデックスを付ける必要があります。 インデックス化(インデクシング)とは、ファイルやデータ、メタデータを調べ、カタログ化し、結果をより早く見つけられるようにするための作業です。 サブグラフのデータを検索可能にするためには、データを整理する必要があります。

そのため、インデクサーがどのサブグラフをインデックスすべきかを推測しなければならない場合、どのサブグラフが良質であるかを検証する方法がないため、しっかりとしたクエリフィーを得られる可能性は低くなります。 そこでキュレーションの出番です。

キュレーターは The Graph ネットワークを効率化する存在であり、シグナリングとは、キュレーターがインデクサーにサブグラフのインデックスの作成に適していることを知らせるためのプロセスです。 シグナリングによりキュレータはサブグラフのキュレーションシェアを獲得し、サブグラフが駆動する将来のクエリフィーの一部を受け取る権利を得るため、インデクサーはキュレータからのシグナルを本質的に信頼することができます。 キュレーターのシグナルは、Graph Curation Shares (GCS) と呼ばれる ERC20 トークンで表されます。 より多くのクエリーフィーを獲得したいキュレーターは、ネットワークへの強いフィーの流れを生み出すと予測されるサブグラフに GRT をシグナルするべきであるといえます。 キュレーターはスラッシュされることはありませんが、ネットワークの整合性を損なう可能性のある不適切な意思決定を阻害するために、キュレーターにはデポジット税が課せられます。 また、キュレーターは、質の低いサブグラフでキュレーションを行うことを選択した場合、処理すべきクエリ数や、それらのクエリを処理するインデクサー数が少なくなるため、少ないクエリ手数料しか得られなくなります。 下の図をご覧ください。

シグナリング ダイアグラム

インデクサーは、「グラフ・エクスプローラー」で確認したキュレーション・シグナルに基づいて、インデックスを作成するサブグラフを見つけることができます。

エクスプローラー サブグラフ

  1. The Graph では、クエリ市場は本質的に歴史が浅く、初期の市場ダイナミクスのために、あなたの%APY が予想より低くなるリスクがあります。
  2. キュレーション料金 - キュレーターがサブグラフで GRT を通知すると、1% のキュレーション税がかかります。この手数料は燃やされ、残りは結合曲線の予備供給に預けられます。
  3. キュレーターが株式をバーンして GRT を撤回すると、残りの株式の GRT 評価額が引き下げられます。場合によっては、キュレーターが一度にすべて共有を破棄することを決定する場合があることに注意してください。この状況は、dApp 開発者がサブグラフのバージョン管理/改善とクエリを停止した場合、またはサブグラフが失敗した場合によく発生する可能性があります。その結果、残りのキュレーターは当初の GRT の一部しか引き出せない可能性があります。リスク プロファイルが低いネットワーク ロールについては、委任者を参照してください。
  4. サブグラフはバグで失敗することがあります。 失敗したサブグラフは、クエリフィーが発生しません。 結果的に、開発者がバグを修正して新しいバージョンを展開するまで待たなければならなくなります。
    • サブグラフの最新バージョンに加入している場合、シェアはその新バージョンに自動移行します。 これには 0.5%のキュレーション税がかかります。
    • 特定のサブグラフのバージョンでシグナリングしていて、それが失敗した場合は、手動でキュレーションシャイアをバーンする必要があります。 キュレーション・カーブに最初に預けた金額よりも多く、または少なく GRT を受け取る可能性があることに注意してください。 これはキュレーターとしてのリスクです。 そして、新しいサブグラフのバージョンにシグナルを送ることができ、1%のキュレーション税が発生します。

キューレーション FAQ

このセクションへのリンク

1. キュレータはクエリフィーの何%を獲得できますか?

このセクションへのリンク

サブグラフにシグナリングすることで、そのサブグラフが生成する、全てのクエリフィーのシェアを得ることができます。 全てのクエリーフィーの 10%は、キュレーターのキュレーションシェアに比例してキュレーターに支払われます。 この 10%はガバナンスの対象となります。

2. シグナルを出すのに適した質の高いサブグラフはどのようにして決めるのですか?

このセクションへのリンク

高品質のサブグラフを見つけるのは複雑な作業ですが、さまざまな方法でアプローチできます。 キュレーターとしては、クエリボリュームを牽引している信頼できるサブグラフを探したいと考えます。 信頼できるサブグラフは、それが完全で正確であり、Dap のデータニーズをサポートしていれば価値があるかもしれません。 アーキテクチャが不十分なサブグラフは、修正や再公開が必要になるかもしれませんし、失敗に終わることもあります。 キュレーターにとって、サブグラフが価値あるものかどうかを評価するために、サブグラフのアーキテクチャやコードをレビューすることは非常に重要です。 その結果として:

  • キュレーターはネットワークの理解を利用して、個々のサブグラフが将来的にどのように高いまたは低いクエリボリュームを生成するかを予測することができます。
  • キュレーターは、グラフ・エクスプローラーで利用可能なメトリクスも理解する必要があります。 過去のクエリボリュームやサブグラフの開発者が誰であるかといったメトリクスは、サブグラフがシグナリングする価値があるかどうかを判断するのに役立ちます。

3. サブグラフの更新にかかるコストはいくらですか?

このセクションへのリンク

キュレーション シェアを新しいサブグラフ バージョンに移行すると、1% のキュレーション税が発生します。キュレーターは、サブグラフの最新バージョンを購読することを選択できます。キュレーション シェアが新しいバージョンに自動移行されると、キュレーターはキュレーション税の半分も支払うことになります。 0.5%。サブグラフの更新はガスを消費するオンチェーンアクションであるためです。

4. サブグラフはどれくらいの頻度で更新できますか?

このセクションへのリンク

サブグラフをあまり頻繁に更新しないことをお勧めします。詳細については、上記の質問を参照してください。

5. キュレーションのシェアを売却することはできますか?

このセクションへのリンク

キュレーションシェアは、他の ERC20 トークンのように「買う」ことも「売る」こともできません。 キュレーションシェアは、特定のサブグラフのボンディングカーブに沿って、ミント(作成)またはバーン(破棄)することしかできません。 新しいシグナルをミントするのに必要な GRT の量と、既存のシグナルをバーンしたときに受け取る GRT の量は、そのボンディングカーブによって決まります。 キュレーターとしては、GRT を引き出すためにキュレーションシェアをバーンすると、最初に預けた GRT よりも多くの GRT を手にすることもあれば、少なくなることもあることを把握しておく必要があります。

まだ不明点がありますか? その他の不明点に関しては、 以下のキュレーションビデオガイドをご覧ください:

ページを編集

委任
現像
ページを編集